初めましての方も、いつもお世話になっている方も

お越しいただきありがとうございます。

杉並区を中心に活動する開業助産師兼セラピストの西宮直美と申します。

開業に至るまでに約18年、看護師、助産師として都内大学病院に勤務し、さまざまな方や多くの出産に携わらせていただきました。

病院で働きながらセラピストの道に足を踏み入れたのは約10年前になりますが、きっかけは私自身の個人的な人生経験が大きく影響しているように思います。

自分自身もたくさんの癒しを経験し、多くの場面で救われてきました。

それらの経験から、人が心身ともにすこやかに生きていくということの意味や、そのためには何が必要かを深く考えるようになりました。

そして、より大きな枠の中でこころと身体の健康を取り戻す(または促進する)方法を提供していきたいという気持ちを持つようになりました。

 

人生の中でさまざまな変化(転換期)のときを迎えることが多い女性ですが、

そういった時期こそ心身ともに穏やかに過ごしていただけるようお手伝いできたらと願っています。

ケアをするにあたって、助産師としての判断やアドバイスをすることはもちろんですが、セラピストとしての視点を併せもち、その方の全体像をとらえてサポートすることを特に大切にしています。

また、施術は私が提供できる看護技術のひとつ、というふうにも捉えています。

赤ちゃんとしてこの世に誕生した瞬間からお母さんや周囲の人との肌の触れ合いを必要とするように、人の手で触れるということは看護や癒しの原点でもあり、その効果は私たちが考えている以上に多くのものをもたらしてくれます。

そんなことも伝えていけたらと思っています。

おひとりおひとりとの出会いを大切に、

皆様とお会いできることを楽しみにしております。

つむぎの樹  助産師・セラピスト    西宮直美

 

~経歴等~

 

1997年  看護師免許取得

同年4月より日本医科大学付属病院産科病棟勤務

2000年  助産師免許取得

2008年  英国IFA認定アロマセラピスト資格取得

                  以降、現在までにさまざまなセラピーを体験し、学ぶ

2015年  同病院退職      開業し、現在に至る